単位互換ゲーム教育WG

■活動目標

高校・専門学校・大学間における「学習ユニット積上げ方式」に基づく単位互換の可能性について検討する。今回の成果目標としては、単位互換に向けての課題や問題点を整理し報告書にまとめる。

■調査結果(報告書一部抜粋)

文科省会議を通してのヒアリング、アンケートの結果から概ね下記の要望および方向性が見て取れる。
・ゲームを題材にした要素を授業に取り入れて、高校生に作る楽しみやキャリア教育を教える。
・授業に取り込んで実施することを考慮すると、デザイン系や商業・工業系の高校で活用できる可能性が高い。
・高校連携を実現するには、専門学校・大学が協力する必要がある。

以上のことから、高校側からの要望も考慮しながら今後は新たに立ち上げた産学連携団体を中心に「高校連携」を進めていく必要がある。